《WS》骨格特性から見る怪我、怪我から見る解剖学

こちらもご参照ください→「解剖学第一期終了しました!



「解剖学やらなきゃと思うんだけどいまいちやる気が起きない…😟」
「膨大すぎてどこから手をつければいいかわからない🤯」
「やっても活用できず、すぐ頭から抜けていく…😱」



心当たりありませんか?
私はあります🤣



特に、獣医の国試(国家資格試験)の時、
そうでした。



膨大な試験範囲 大量の知識…



生理や生化、繁殖や公衆衛生などはまだマシ。
暗記とはいえ繋がり、ストーリーがあるから。



その点、筋骨格系や神経の解剖は
当時の私にとってはなんの繋がりもなく
ただの丸暗記でとっっっっってもツラかった😭



そう、単なる暗記になるから
頭に入らない。使えない。



だったらそこにストーリーを作れば良いのです♪



実際の人の体には必ずストーリーがあります。



骨格特性や習慣、人体の元々の構造的特徴
などの原因から



苦手や怪我、障害などの結果が生まれます。



その原因〜結果までの
繋がりをメタ認知することによって



「解剖学」が
よりリアリティを持って
役に立つものになっていきますよ😉



骨格特性から見る怪我、怪我から見る解剖学《オンライン》

⚫︎内容
・骨格特性により起こりやすい怪我
・様々な怪我、障害の概要
・なぜその傷害が起こるのか?
・各障害への対応、後遺症など

⚫︎対象
☑︎上記に当てはまる方
にオススメします。
経験は問いません。

⚫︎参加条件
骨格特性について知識がない方は
アセスメント動画講座〜理論編〜」を
事前に購入し、学習しておいてください。
講義はそこを理解している前提で進めていきます。

⚫︎日時
10/24、11/7、11/21(日)10:00〜17:00
アーカイブ受講可:配信より2週間限定

⚫︎場所
オンラインZOOM

⚫︎料金
¥59,000(税抜)

⚫︎持ち物
ヨガマット、飲み物、筆記用具



✳︎身体の専門的な知識
✳︎心身の評価能力
✳︎人間としての土台(人間力)

この3つを兼ね備えた指導者になる

「アナトミカルヨガアドバイザー養成講座」

コメント