《WS》アシスト・アジャスト講座

こちらもご参照ください→「アシスト・アジャスト講座第一回 終了しました



あなたはなんのためにアジャストをしますか?
アジャストを受けたいのは何故ですか?




ヨガをやっている方、
みんなに聞いてみたいことです。



「まだいけると信じているから深めてあげたい」
「新しい世界を見せてあげたい」
「正しい形に整えてあげたい」
「こうした方が気持ちいいと思っているから」



「自分一人ではできないから助けてほしい」
「気にしてくれてる感じがして嬉しい」
「神アジャスト!神業!」



まず怪我の観点から言うと



自分ではコントロールできないところまでいくということは
自分の限界を超えるということです。



少しずつ段階を経て超えていくことを
ステップを飛ばして
他力で無理矢理超えていくことが



安全だと言えるのでしょうか。



「自分の思う正しい形」は
その人の身体にとってどういう意味があるのでしょうか。



ヨガの目的という観点から言うと



「心身一如」を目指すために
自分の身体のコントロール、制御を目的とするなら



「その人がいないとできない」という依存は
果たして望ましいものなのでしょうか。



そんな根本の目的を考えるところから
お伝えしていきます。


アシスト・アジャスト講座《対面》

⚫︎内容
・加害者にならないためのアジャストのあり方
・生徒さんの成長自立を促すアシスト
・危険を回避するために
・生徒さんにどうなって欲しいのか?
・何を優先させていくのか?
・実技

⚫︎対象
☑︎怪我をさせたくない、けど触ってあげたい
☑︎生徒さんの成長を邪魔せずサポートしたい
☑︎深めるためのアジャストが怖い
☑︎アジャストをされて怪我したことがある
そんな方にオススメします。
経験は問いません。

⚫︎参加条件
骨格特性について知識がない方は
アセスメント動画講座〜理論編〜」を
事前に購入し、学習しておいてください。
講義はそこを理解している前提で進めていきます。

⚫︎日時
10/14(木)9:00〜16:00

⚫︎場所
都内スタジオ

⚫︎料金
¥20,000(税抜)

⚫︎持ち物
ヨガマット、身体の線がわかるウェア、飲み物、筆記用具



✳︎身体の専門的な知識
✳︎心身の評価能力
✳︎人間としての土台(人間力)

この3つを兼ね備えた指導者になる

「アナトミカルヨガアドバイザー養成講座」

コメント